238. 我が子にエアガンは?

2019.09.18 20:00|具体的な家庭教育例
我が子に,エアガンなどをもたせ,勝手に遊ばせてはいませんか?
survival_game.png
 担任をしていると,いろいろな子に出会います。今問題になっているエアガンを楽しんでいた子もいました。そうした子はどういう子だったかを私の経験の範囲で紹介します。

 エアガンを持っていた子は,次のような子でした。
1.エアガンを容易に買ってもらえる環境の子でした。
fuutou_yen.png
 今でも安くても10,000円はいります。(ネットで調べてみると,高価なものは何万とします。)とても子どもの買えるものではないにもかかわらず,もっていました。
 親が子どもがほしいと言うからと気軽に買って与えていました。或いは親のものを使っていました。
 つまり,親は我が子の言うがままか,なすがままの状態だったということです。


2.動物を撃って楽しんでいました。
bird_hato_ryokoubato.png
 後で本人に聞いたら次のようなことを言っていました。
:「一番狙いやすいのが,比較的大きくて動きが鈍いカラス。それが撃てるようになると,動きが少し素早い土バトや普通のハト,一番難しいのがスズメや小鳥,でも当たるとすぐ落ちてくるので面白い。」
bird_kibitaki.png
T:「他に狙ったものない。」
C:「猫なども狙うよ。当たるとグニャーー等と泣くので面白い。」
cat_tree_orirarenai.png
 つまり,鳥や猫などを撃っても,かわいそうとも思っていることはなく,生き物というより物という感覚をもっていました。
T:「猫等が無く声を聞いたり,ハトなどが落ちていくとき,かわいそうだとは思わないの?」
等と聞くと,
C:「別に。」
と答えました。 
T:「あなたにエアガンで撃つと痛いでしょう。動物だって痛いと感じるんだよ。自分がやられて嫌なことは動物にだって同じだよ。」
などと言えば,
:「だって,人間って,豚だって鶏だって食べてるじゃん。あれだってかわいそうじゃない。」
 確かにその通りですが,無闇に殺生をすべきでないことをいくら話しても,撃つ楽しさを味わった子には入って行く耳はありませんでした。


3.友達がいないか,いても休み時間にちょっと遊ぶ程度である。
stand3_side01_boy.png
 どうしても友達がいないと,することが一人遊びになります。淋しさをこうしたことで紛らわせていたのです。また,友達作りに担任として努力をしましたが,5年生くらいになると,周りも怖がって打ち解けてくれるのには時間がかかります。


4.友達の足を撃ったり車を撃ったりし始めました。
thumbnail_body_foot_side_long.jpg
 動物を撃っていることを親に話しても,どの家庭も
「まあ,いいんじゃないですか。遊びですから。」
くらいの親の反応でした。親が許すのですから,子どもは続けました。エスカレートしていきます。
 でも,さすがに女の子の足を撃ったり,タクシーや車を撃ったりし出したので,大事になりました。相手があることなので,警察も入り,エアガンも没収されました。
 ここまでひどくない家庭でも親が取り上げ処分するということになりました。
car_kousokudouro_gyakusou.png

 テレビで報道されている大人は,テレビの報道によると,周りの友達が小学校時代にこうしたことをしていたことを知っているにも関わらず素通りしてきてしまったのです。

 人はダメなことはダメと教えなければダメなことを知りません。知っていてすることと知らないですることとでは知らないですることの方が恐ろしいのです。
 今回の事案から我々大人は無闇に必要でないものを買い与えない。与えたとしても危険性や扱い方をしっかりと教える。その上で,それなりの施設で遊ぶ。こうしたことに配慮していかなければならないことを学びました。また,小動物を殺すと,さらに大きな動物へと残忍さが増し,ついには殺人へと発展した殺人者も過去にいました。このように人間性がなくなっていくのです。
 人は,本来もっている優しさ,思いやりはそれなりの環境で育まれていくものです。我が子にもよりよい環境を与えていきましょう。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール


名前 : 英ちゃん(柘植 英次)
趣味 : 読書・魚釣り
教育関係履歴:岐阜県の教員
教頭・可児市主任指導主事・校長を経験

家庭教育法について情報発信中

カテゴリー

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カウンター

最近のコメント

ブログランキング

リンク先にも、参考になるブログがありますので、お時間あればクリック願います。問題解決、こども達の笑顔に繋がります。

リンク

教育関連サイトの相互リンク募集中。お気軽にメール又は、コメントに依頼ください。


メール

個人的な相談はこちらへどうぞ。許可なく内容を公開することはないので、安心下さい。


名前:
メール:
件名:
本文:

ブックマーク

月別アーカイブ

検索

  • ページトップへ
  • ホームへ