286. 我が子についた生活ですか?

2019.11.05 20:00|具体的な家庭教育例
我が子についた生活になっていますか?
group_family_asia.png
 子どもは,親といることを喜ぶ反面,親に関わられすぎると一緒にいることを嫌がる面もあります。でも,関わられ次第によっては,
(いつも一緒にいたい。)
と思うものです。

 子ども達は,不安・期待・自信などいろいろな精神状態が混ざり合っている状態で生活しています。だからこそ「子ども達につくこと(子ども達についた指導)」が,必要となってきます。
 「子ども達につくこと」とは,どういうことを言うのかを含めて,そのメリットについて考えてみましょう。


【子ども達につくこと】のメリット
①「ついてもらえている」という精神的な安定がある。
 お母さんが不在だと子どもに限らず,お父さんなども不安なものです。お母さん,お父さんやおばあさんなど家族が,見守ってくれれば,
picnic_shiba_family_boy.png
「ぼくの周りには,いつも家族がいてくれる。」
「私は安心して,いられるわ。」
などと,精神的に安定するのです。


②一人一人のよさ・課題点を初期段階に把握する絶好のチャンスがある。
hatsunetsu_kodomo.png
「今日は,何だか元気がないわ。」
「今日何か,いいことあったの!」
こうしたことは,小さな変化を見つけるからこそ,わかることなのです。


③人間関係把握を自然にすることができる。
 我が子の人間関係を親からしてわかるだけではないのです。我が子が温かい人間関係の中で培った人間関係を見る目,対応の仕方などを我が子自らが実践できるようになるのです。
friends_boys.png


④親の気心・考え方・そぶりなどを自然な形で子ども達に伝えることができる。
 親との会話が少ないと,子どもにとって自分の親は何を考えているかわからず,
(何を考えているんだ。ぼくのことをどう思っているんだ。)
などと不安になることもあります。でも,家族が我が子についていることで,
pose_souzou_woman.png
(今,お母さんは,こんなことを考えているだろう。)
(お父さんは,次はこんな行動を取るだろう。)
と想像できるようになるのです。これは社会生活を営む上でとても重要なスキルとなっていきます。

 こうした「ついていることによって得たメリット」が,将来の我が子の力となるのです。子どもの5つの願いである,①「認められたい」,②「褒められたい」,③「愛されたい」,④「人の役に立ちたい」,⑤「自由でありたい」という5つは,家族が我が子についてあげるという愛情で全て達成できるのです。
プロフィール


名前 : 英ちゃん(柘植 英次)
趣味 : 読書・魚釣り
教育関係履歴:岐阜県の教員
教頭・可児市主任指導主事・校長を経験

家庭教育法について情報発信中

カテゴリー

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

カウンター

最近のコメント

ブログランキング

リンク先にも、参考になるブログがありますので、お時間あればクリック願います。問題解決、こども達の笑顔に繋がります。

リンク

教育関連サイトの相互リンク募集中。お気軽にメール又は、コメントに依頼ください。


メール

個人的な相談はこちらへどうぞ。許可なく内容を公開することはないので、安心下さい。


名前:
メール:
件名:
本文:

ブックマーク

月別アーカイブ

検索

  • ページトップへ
  • ホームへ