270. 日本人としての我が子?!

2019.10.20 20:00|具体的な家庭教育例
我が子は,日本人として生活できていますか?
akusyu_man_gaikokujin.png
 もし,日本人ではないということでしたら,国名を変えてここに出てくるものを入れ替えて考えていただければ良いと思います。

 私が神社にお参りに行ったとき,外国人が御手洗(みたらし:お参りをする前に水で手や口を浄める所)で,どのようにするのかを尋ねられました。
jinja_chouzuya.png
 私は知っていたのでお教えしたのですが,我が子はそうした普通に日本人がすること(日本文化)を外国人に伝えることができますか? 
english_kaiwa_bad_man.png
 それは英語で伝えることがベストですが,日本語でも良いから伝えることができるかということです。

 学校教育では私立の学校でない限り,神社やお寺や教会のお参りの仕方は教えませんし,教えてはいけないのです。
landmark_kanda_myoujin.png
 でも,家庭ではどうでしょうか? 宗教に熱心でなくても,お正月には多くの方が神社やお寺にお参りにいかれると思います。
我が子はその作法を知っていますか?

 なぜ,こんなことを言い出すかと言えば,外国人観光客がどんどん多くなり,日本で働く外国人も多くなっています。日本の文化について非常に関心が高まっています。ひょっとすると,日本人より,より日本の文化に精通している外国人も多いのです。
 そんな中で,日本人に尋ねたのに知らないということでは,相手にされなくなるからです。こんな話をずっと前に聞きました。

 私が大学生の頃に,アメリカに留学した高校生がいて日本人だということで,珍しさもあって多くの学生が親しく関わってくれていた子がいたそうです。
 ところが,国歌の話になったとき,その子は親からも学校でも小中を通じて国歌を習ったことがなかったので,知らなかったのです。
Japan.pngamerica_daitouryousen_man.png

その日以来,その子はアメリカ人の学生に相手にされなかったということを知人から聞きました。
 今では,日本のどの学校でも国歌を習うので,こんなことはないのですが,これも
「なぜ,あなたは自分の国のことを知らないの? ダメな人間じゃないの!」
とされたからです。
 
 私が習った日本人の大学教授でカトリックのバリバリの先生がいました。自分では,神社にお参りすることはありません。でも,その教授が言われたことは,今でも忘れられません。
landmark_hallgrimskirkja_church.png
「ぼくは,クリスチャンだから神社にはお参りをしません。でも,我が子には神社やお寺のお参りの仕方はちゃんと教えてあります。息子が将来,どの神様を信仰するかはわからないので,一通り教えています。」
omairi1_boy.png
 驚いた私は,その教授に思わず,
「そんなキリスト教徒は聞いたことがないのですが,そうなんですね。」
その言葉に,
jujika.png
「私は自分の考えを子どもに押しつけることはしません。勿論,その良さは話します。クリスチャンになってくれることを願っています。でも,基本的な知識を与えておくことは親として大事だと思っています。家の子は日本人で日本に生活していますから。」

 日本人である以上,普通はお参りを多くの方がすると思います。しなくても作法等は教えておくことが,国際社会(外国に行くという概念でなく,既に外国人に囲まれて生活している日本)に生きていく我が子が困らないことにつながると思います。
hatsumoude_torii.pngbuilding_dougo_onsen.pngbook_japan_manyousyuu.png

 普通に日本人が行っていること(日本の文化)を親もより理解し我が子に伝えていく,この取組みが我が子の将来にとってとても大切なことなのです。
プロフィール


名前 : 英ちゃん(柘植 英次)
趣味 : 読書・魚釣り
教育関係履歴:岐阜県の教員
教頭・可児市主任指導主事・校長を経験

家庭教育法について情報発信中

カテゴリー

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カウンター

最近のコメント

ブログランキング

リンク先にも、参考になるブログがありますので、お時間あればクリック願います。問題解決、こども達の笑顔に繋がります。

リンク

教育関連サイトの相互リンク募集中。お気軽にメール又は、コメントに依頼ください。


メール

個人的な相談はこちらへどうぞ。許可なく内容を公開することはないので、安心下さい。


名前:
メール:
件名:
本文:

ブックマーク

月別アーカイブ

検索

  • ページトップへ
  • ホームへ