189. 親の愛をもらっていないと思っている子?!

2019.07.31 20:00|具体的な家庭教育例
父母の愛をもらっていないと思っている子は,どんな姿なの? どうしたらよいの?
mental_yandere_woman.png
 ほとんどの親は,我が子が可愛くて可愛くて仕方がないのです。
(親にできることなら,何でもやってあげよう。)
と思うものです。
 でも,親は愛情をあげているつもりでも,本人が
(ぼくは,親から愛情をもらっていない。)
(私は,親から愛されていない。)
(ぼくは,親から愛情を妹ほどもらっていない。不公平だ。)
(私は,親にもっともっと大切にしてほしいのに!)
と思っているケースがあるのです。
 愛情をもらっていないと思っている子は,次のような姿を見せます。

1.担任を親代わりにして甘えます。 
 多くの子は,お母さんの愛情を強く求めます。それは,やはりお母さんのお腹にいた十月十日のつながりです。そのお母さんが自分をかまってくれないと思っているとき,女性担任になると,その姿がよく出てきます。
 家でできない甘えを学校の女性担任に求めてくるのです。男性教員に対しても同じようなことがありますが,男性教員は女性特有の母性愛的な面は弱いし,「しっかりしろ。」的な励ましもありますので,あまり極端には出てきません。出てこないからよいというものではありません。なぜなら,心の問題は解決されていないのですから。

2.担任を親代わりにして,攻撃します。
(かまってほしいけれど,かまってもらえない。)このなんとも言えない不満を他にぶつけるのです。それが担任となります。お母さんと女性担任が同一化してしまうのです。本人は担任だと分ってはいるのですが,母親に言うように言ってしまうのです。

3.友達を担任に近づけないように行動します。
(せめて先生だけでも自分のものにしたい。)と思うのです。ですから,他の子が「先生,・・・してください。」,「先生,これ教えてください。」などと言ってくると,「自分でやればいいじゃないか。」などと言って,友達を先生から引き離そうとします。反面,自分は,「先生,これやってください。」などと言うのです。友達から言えば,「なんてわがままな,勝手なやつなんだ。」ということになります。

4.担任に叱られると,自分がわからなくなります。 
 お母さんの代わりの担任が,(ぼくを今叱っている。)(この私を叱っている。)と思うと,その悲しさだけで何が何だか分らなくなってきます。段々回を重ねてくると,担任を非難して来るようになります。今まで(この先生だけは,自分の味方だ。)と思っていたのに裏切られたという感情が積もってくるのです。

5.親の前では,よい子を演じます。
 家に帰ると,こうした子は学校では何もなかったように普通の生活をしていることが多いのです。お母さんの代わりを見つけたからです。でも,そのうちに担任もきびしく接し出すと,家庭でもかんしゃくを起こしたり兄弟姉妹を攻撃したりしてくることもあります。

6.自分勝手な行動が目立ちます。(基本的な生活習慣が乱れる。)
 家庭では,(自分は,愛されていないと思う。学校でも先生は親と同じだ。)こう思うようになると,決まって行動がいい加減になってきます。この勝手な行動は友達からいっそう反感をかいます。


 では,こうなったらどうしたらよいのでしょうか? もともとこの子が,(自分は愛されていない。)と本当か勘違いかいずれにしても思っていることから起こってきたことです。だから,(自分は愛されていたんだ。愛されているんだ。)と思わせればよいのです。そのための改善策を考えてみましょう。

改善策1 環境の改善を図ります。(父と母との役割分担)  
 もともと,親が我が子を可愛くないと思っている場合は別として,多くは兄弟姉妹関係で(私は愛されていない。)と思うことが多いのです。ですから,親の役割分担をするのです。2番目の子ができたら,1番目の子は特に父親が意図的にかわいがる。3番目ができたら1番目,2番目を父親がさらに意図的にかまってかわいがるといったことをするのです。お祖父さん,お祖母さんが同居や近くにいらっしゃるのなら協力を得るのです。いつまでも続くものではないからです。

改善策2 「言葉を通しての認め」を重視します。 
 親は忙しさのあまり,特に母親は小さな子の世話が大変で,兄弟姉妹が複数になると,気が狂わんばかりになります。だからこそ,世話をしてあげることが難しければ難しいほど,言葉で愛情を与えるのです。
 以前から紹介しているように,当たり前のことができたら当たり前と思わずに,「よくできたね。さすが,○○ちゃん。」等と褒めるのです。
 褒めるときは,その褒める対象の子だけを褒めるのではなく,「○○ちゃんもすごいね。」と,「も」をつけて「他の子もすごいのよ。」と暗に褒めるのです。この2つだけでもすごい褒めになります。その上,誰かが何かに表彰されたり先生に何かで褒められたら,「○○ちゃんが褒められて,みんな嬉しいね。みんなも頑張ってね。みんなで喜び合いたいね。」等と,喜びを広げれば,周りにいる子の意欲となります。

改善策3 親の発想の転換(「任せっぱなし」→「基本を教え・発展」に) 
 体は大きくなっても,心はその年令に応じた発達段階の子が多いのです。子どもは基本的に教えなければ知らないことが多いのです。「さあ,やって!」ではなく,「こうするとよいのよ。どうやってみて!」と,基本を教えた上で,頑張らせるのです。基本が身につけば,それが基礎となって応用力へと発展します。忙しくても教えるべきことは教えます。2番目,3番目にも第1子の子と同じように教えます。

改善策4 担任との連携による「よさの収集と認め」
 子ども達の1日の時間の中で,一番子どもを見ているのは実は担任です。親は朝のⅠ時間と帰ってきてからの4時間くらいの5時間程度です。それも四六時中ついているわけではありません。寝ているのをじっと観察していても意味がありません。小学校の低学年・中学年だったら朝の8時から3時,4時くらいまでみっちりとついています。7,8時間です。だから,本当によく見ているのは担任の方なのです。その担任に我が子のよいことを聞くのです。「挙手が増えましたよ。」,「ドッジボールを一生懸命投げていましたよ。」,「ここ2日間,ぞうきんに興味をもってていねいに拭いています。」でもよいのです。そのちょっとしたことを心から喜んで家庭の話題にしてほしいのです。担任の方もそのように聞かれると,応えなくてはいけないので,いっそう意識して見てくれるようになります。

改善策5 家庭での役割の強化
 家庭でのお手伝いはしっかりとできていますか。多分,この子のような子はしっかりと行っているはずです。褒めてもらえる少ないチャンスだから逃したくないのです。子守も一生懸命やってくれると思います。それを「あなたのおかげで,妹も本当に楽しそうよ。お母さんだって本当に助かるわ。感謝しているわ。」と言い続けているかです。「また,同じことを言っているわ。」と思うのは親であって,我が子は何度同じことを言われてもウエルカムです。

改善策6 家庭でのスキンシップ 
 一緒に遊ぶことも大切です。でも,「それどころじゃないわ。」というのなら,「誰か肩たたき,してくれないかな。あれしてもらうと,本当に嬉しく思えるわ。」等と,少し,演技も入れて子ども達に語るのです。肩たたきが下手くそでも貶さず,「ありがとう。気持ちよかったわ。」と言ったあとに,「このたたき,肩をポンポンと弾むようにすると,もっと気持ちよいわ。次もお願いね。」と,修正点をいえば言いのです。そして,エプロンからあめ玉1つでも出して「ありがとう。」とあげるのです。もらったあめ玉の味は,単なるあめ玉の味ではないのです。私はそのあめ玉の味を今でも覚えています。

改善策7 親の思いを伝える
 食事の時などに親子の会話を多くしてください。その際に,「お母さんは,今日こんなことをしてすごいしたの・・・。とても洗濯物だけでも大変だったわ。でも,○○ちゃんが学校で体育を頑張っている姿を思い出したら(頑張らねば。)と思ったわ。」
 このように,我が子が目には見えない姿を,親の思いを伝えてあげてください。潜在意識に残っていきます。

改善策8 兄弟関係に置ける優位性の確保 
 兄弟姉妹には,順番(序列)がありますか。例えば,お菓子を取る順番が,お兄ちゃんからその下へと決まっていますか? お小遣いには金額の差がありますか? 平等の時代であっても「立てる」ということが必要です。仕事をやらせるときだけ,「お兄ちゃんだからやって。」と立てるのは感心したことではありません。普段,立てられていれば,「お兄ちゃんだからやって。」と言われたら(あ,そうだな。)と思えるのです。

改善策9 トライアングル効果の活用  
 トライアングルという楽器は,三角形の形をしています。ここから私が名付けた名前です。A,B,Cの3人がいます。AがBを褒めることも効果があります。でもCが「AがBを・・・・と,こんなふうに褒めていたよ。」と告げることは, 間接的にBが聞くことになり,(そんな風に思っていてくれたんだ。)と,Aに好感がもてるとともにそれを伝えてくれるCにも好感をもつのです。そのCが心を許した人ならいっそう効果があるのです。
 中学校でなかなか担任の言うことを聞いてくれない男子生徒も,その彼女と思われる子に,「○○(B)は,こんな優しいところがあるんだな。」等と言っていると,いつの間にか男子学生(B)の態度が変わるということが多くありました。
 このトライアングル効果の褒め方を夫婦や祖父母などで生かすのです。

改善策10 我が子の性格の把握とカウンセリングマインド,リレーション 
 我が子に,(こういうことを言うと,こう反応するだろう。)ということは親ならわかっていると思います。だからこそ,カウンセリングマインドやリレーションを心がけるのです。(「180.リレーションができていますか?」に詳しい取り組み内容があります。)


 我が子が,(自分の思いがかなった。)と思えたとき,突然,姿が変わり今までの姿は何だったのというくらい変容します。これが子どもなのです。それほど,親の愛は心にしみていくのです。子どもの5つの願いを絶えず意識してかなえるように努めていきましょう。

188. プールでは,何に気をつけたらよいの!

2019.07.30 20:00|夏休みの教育
プールは楽しく気軽に行くことができるけど,何に気をつけたらよいのでしょうか!

「水の中に入ったら気持ちいいだろうね。海は遠いしお金もかかるけど,プールならすぐいけるね!」
と,気軽に行くことができるのがプールです。でも,一見,安全そうなプールでも海や川と同じように危険が多いのです。プールの危険について考えてみましょう。
 プールには,どんな危険が待っているのでしょうか?
pool_mizu_nomu.png
1.転倒して頭を打つので,走らない。 
 市民プールなどでは,子どもが走ったりすると,
「プールでは走ると危険ですから走らないでください。」
と,すぐにアナウンスがあります。これは,転んで後頭部を打ち,重傷を負う子が毎年いるからです。でも,市民プールのような公的な場所ではないと,あまり放送が入りません。だから,走る子も多いし,我が子もまねする可能性があります。
 滑って転び,頭にひびが入ったり溺れることになったりしたときのことを考えさせるのです。そうすれば,意識する子になります。

2.飛び込まない。
 以前はプールでの飛び込みは普通でした。中にはバックで飛び込んだり回転しながら飛び込んだりする子もいました。また,普通に飛び込んだつもりが頭をプールの底に打ち付け脳しんとうを起こして溺れるという子も続出しました。それで,現在の多くのプールではちょっとした飛び込みも厳しくアナウンスします。この飛び込みによる事故の過去例をしっかりと教えてほしいと思います。

3.潜水しない。
 これも多くのプールで呼びかけています。溺れて沈んでいる人と潜水している人との区別ができないからです。本当に溺れて沈んでいるときにライフセイバーに助けてもらえなくなります。

4.足の爪などを切っておく。 
 最近プールに孫と行きましたが,混み合っていて寄ってきた子に足で蹴られ,爪で痛い思いをしました。流水プールなどでは,いろいろな人と常に接触をします。マナーとして手足の爪を一人一人が切って臨むべきですね。

5.浮き輪に乗ったりするときは,端っこでなく真ん中で行い,サポートがあるとよい。 
 大きなプールで浮き輪に座って水の上に浮いていると楽しいものです。でも,ここにも思わぬ危険があるのです。浮き輪が大きかったり小さかったりすると,なかなか思うように乗れず,体がプールの底に頭から落ちていくといったことが起こります。そのときにプールの底に後頭部を打ち,意識を失ったり水を飲んだりします。また,プールの端で行っているとプールの縁でも頭を打ったりします。とても危険なのです。

6.心臓麻痺や熱中症に気をつける。
 川や海と同じく,急に水に入るなどの体の体温変化で,心臓に負担をかけないことです。また,水分補給(ポカリやアクエリアス)も意識して行います。

7.足の火傷(やけど)に気をつける。
 プールサイドはとても熱く,特に小さい子どもは足の皮が薄いので要注意です。プールによってはサンダルを履いて入ることができる所もあります。初めからサンダルを履いていくと対応ができます。また,サンダルが不可の所は,火傷に十分注意をしてあげてください。

8.排水溝の近くには近寄らない。 
 まだまだ,どういうわけか毎年,排水溝に吸い込まれて亡くなる子がいます。信じられない管理ミスですが,排水溝を教えておき,近かよらせないことも大切です。
 とても楽しいプールでの思い出です。ここでも「情の共有」ができる絶好のチャンスです。注意事項を知っていれば,冷静な判断ができます。我が子に知識を事前に与えることが事故からの回避となります。我が子は,いっそういろいろな場面で,自分で考えることができる能力を身につけていきます。

187. 海水浴では,何に気をつけたらよいの!

2019.07.29 20:00|夏休みの教育
海水浴は楽しいものですが,何に気をつけたらよいのでしょうか!
suiei_boy.png
 暑くなり「海で楽しく泳ごうか!」
と,海水浴に行くことがあると思います。海は海で,川と同じように危険が多いのです。海の危険について考えてみましょう。
 海には,どんな危険が待っているのでしょうか?

1.海の底は場所によって異なっており,急に深くなったりしている所がある。 
 遠浅の海水浴場ならよいのですが,場所によってはすぐ深くなっているところがあります。大人でもびっくりすることがあります。子どもが入る前に親が確認をすることが必要です。浮き輪があればよいのですが,無くて入ったりすると,水を多く飲んだり溺れかけたりします。海が嫌いになる原因になります。

2.クラゲに注意する。 
 海水浴に行くとクラゲがよく泳いでいます。白い色のミズクラゲや赤い色のアカクラゲがいます。
白いミズクラゲは触っても何ら問題は無いのですが,アカクラゲの方は激痛が走ったり赤く腫れ上がったりと大変な症状が出ます。
 このアカクラゲがやっかいなのは,しっぽが長くまた切れやすいのです。その切れた一部分が海に漂っていることがあります。その一部に触っても激痛や腫れ上がるということが起こるのです。
「近くに何もいないのに,どうして腫れ上がって痛いの?」
と不思議なときは,このしっぽに触っていることがあります。我が子がこれに触れると,もう泳ぎどころではありません。
 刺されたら,水でよく流して冷やすことです。ムヒアルファを塗ったらずいぶん痛みが治まりました。クラゲの赤は危険としっかり教えてください。

3.離岸流に注意する。 
 海水浴場ではあまりないのですが,離岸流といって岸から水の流れが沖に離れていく流れのところがあります。私はこの流れを若い頃知らなかったので,いくら泳いでも岸に戻っていきません。
(もうダメかなあ。)
と思ったときに,離れたところで浮き輪に乗っている人が岸に近づいて行っていました。
(あそこまで行けば,もしかして帰れるかな。)
と思い,必死で横に泳いでいきました。そこから岸に向かったらたどり着くことができました。
 つまり,海水の流れには,岸から離れる流れ(離岸流)と岸に近づいてくる流れがあるのです。このことを我が子に教えておいてください。そうすれば,小舟で少し沖に釣りに行ったとき離岸流であっても無事に帰って来れます。

4.水上バイクや小舟に注意する。 
 海でのレジャーは,海水浴だけではありません。水上バイクに衝突されたらひとたまりもありません。小舟のオールでコツンと叩かれても大変です。そうしたものがいないところで,泳くようにするのです。

5.釣り針やガラスの破片などに注意する。 
 残念ながらマナーの悪い釣り人や観光客がいます。釣り針は「かかり」といって刺さったら簡単に抜けないように戻しがついています。グサッと刺さったら大変です。ビール瓶の破片で足を切ったりすると,痛くて血がどんどん流れ出します。私も足を切り,とても痛くて,(このままだったら,どうなってしまうのだろう。)と不安になったことがあります。

6.磯の海水浴は避ける。 
 磯といって岩場でざらざらしているところでは,海水浴は避けるようにします。まず,足が痛くて仕方が無くサンダルがいります。サンダルを履いていると泳げません。泳いでいて岩にあったありすると,肌が切れてしまいとても痛いのです。

7.心臓麻痺や熱中症に気をつける。 
 川の時にもお話ししましたが,急に水に飛び込むなど体の体温変化で,心臓に負担をかけないことです。また,水分補給(ポカリやアクエリアス)を意識して行います。
 何もなければ,とても楽しい思い出です。「情の共有」ができる絶好のチャンスです。決して,「海は怖いところ。」という恐怖感をもたせないように上手に話してください。知っていれば,冷静な判断ができます。我が子に知識を事前に与え,いざとなったらそれを生かして行動できるように我が子を育てましょう。我が子は,いっそう自分で考えることができる能力を身につけていきます。

186. 自分の子を人前でけなさないで!

2019.07.28 20:00|具体的な家庭教育例
我が子を人前で貶(けな)していませんか?

 昔から日本では,人前で我が子を褒めるということを「はしたないこと」,「恥ずべきこと」として避けてきました。最近は,我が子を人前で褒めるお母さんも多くなってきましたが,まだまだ「慎まなければいけない」という風潮も見受けられます。
 中には全く反対で,
「うちの子は,この前も100点をとってきていつも100点ばかり,どうしてこんなにお勉強ができるのでしょうかね。」
などと,嫌みったらしく言う方もあります。この方こそ,(もう少し,慎んでほしい。)と思えてしまいます。
 では,どうして我が子を人前で貶してはいけないのでしょうか?
このブログを見続けてくださっている方なら,おわかりと思います。
necchusyou_face_boy4.png
1.信頼している親が言っているのだから,(そうなんだ。)と信じてしまう。
 日頃はうちで,
「あなたは,頑張ればできる子,お母さん信じているわよ。」 
などと言っていたけれど,人前で堂々と
「うちの子なんて,ちっともできないわ。」
と(ぼくが,ちっともできないと言っている。本当はそう思っていたんだ。やっぱりぼくはできないんだ。親が人に言うくらいだからな。)
と,思ってしまうのです。親は社交辞令で言っていても子どもには通じません。分りません。潜在意識に刻まれていきます。


2.我が子を人前でさらし者にしている。
 人前でたとえ社交辞令で「うちの子は,ダメだ。」と言ったとしても,我が子に取ってはその場でさらし者になっているのです。
こんな屈辱はありません。恥ずかしいのです。


3.周りの大人が,噂を作り上げる。 
 親しい親の友達には,あまり本人を前にして貶したりすることはないのではないでしょうか。むしろ,そんなに付き合いのない方に言ってしまうことがあるのではないでしょうか。
 でも,そういう心を置けない方は,いろいろと思いつきでお話を作ってしまうことがあります。
「ねえ,ねえ,聞いた。○○君のお母さん,○○君が勉強をなかなかやらないので困っているそうよ。」
等と広げてしまいます。仲のよい友達のお母さんから
「○○君,勉強をなかなかやらないので,あなたが困っていると聞いたけれど,本当なの。」などと言われてびっくりされる方があります。今ならライン等で流されたらいっそう広がってしまいます。口は災いの元です。


4.貶されて伸びる子はいない。 
 貶されて伸びる大人はほとんどいませんね。「くそー,あの上司に負けてたまるか。」などと頑張り通す人はほとんどいないのではないですか。テレビのドラマでは出てきますが,現実は,心の病になって仕事に出られなくなったりいっそうミスをする人になったりしています。「パワハラだ。」と言って訴えられる時代です。そんな大人の状況なのに,子どもには平気で貶す言葉が浴びせかけられていませんか。子どもだって,学校に行けなくなります。


5.親を恨み,いつか仕返しをする。
 スーパーや商店街通り,児童館,ファミレスなど特定の話す対象がいない場所でも,人前を気にせず子どもを貶している親を見かけます。よく耳にすることは,次のような言葉です。これらの言葉は,もはや親の言葉というより,うっとうしい邪魔なものに対する言葉です。

「こないだも言ったけど,まだ,わからんの。ばかじゃない!」
「『気をつけろと言っているでしょ。』何度言ったら分るの。もう。」
「そんなことしとっても置いていくよ。いつもいつもそんなことで親がだませると思うの。」
「うちへ行ったって,どうせやらないんでしょ。」
中には,「チェッ。」と口で音を出して,嫌そうな顔をする母親があります。最悪なのは,「死ね。」などと言っている親もありました。
 そんな言葉を聞いていると,苦しくなってきます。でも,本人はもっともっと傷つき,恨みに思っているのです。恨みを子どもは返します。そうなったら大変です。

 貶すという行為にも社交辞令の「貶す」言葉から,心底嫌いだから言うという「貶す」もありました。どちらも我が子を伸ばすことにはなりません。悪くするだけです。
 子どもは学んだことを行います。
「あなたは,こんな素晴らしい子なのよ。」
と褒めて育てられた子は,我が子にも同じように褒めて育てます。
「あなたほどダメな子はいないのよ。」
と貶されて育てられた子は,我が子にも同じように貶して育てます。
 もし,振り返って親の自分が,貶して育てることをしているのならば,ここで,負の連鎖を断ち切り,明るい家庭を子孫に残していきましょう。

185. 山ではハチに気をつけて!

2019.07.27 20:00|夏休みの教育
山では,ハチに気をつけてください!
bug_hachi_doku.png
 今回は,ハチについて気をつけることを考えてみましょう。ハチにもいろいろな種類のものがいますが,特に怖いのがスズメバチとアシナガバチ,ミツバチです。凶暴であったり刺されるととても痛かったりします。また,死亡することもあります。
 これらのハチはどこにでもいます。山でなくとも家の軒先にでも巣をかけます。ただ,山の方が会う確率が高いというだけです。
 どんなことに気をつけたらよいのでしょうか?

注意1 歩くときは,ハチの羽音や数に注意する。
 ハチの巣の辺りは,羽音が大きく聞こえたりハチの数が多いのです。ハチは巣を守っているので,その巣を避ければ危くないのです。よくハイキングに行くと,綱が張ってあり「ハチに注意」といった張り紙がパウチして吊り下げられたりしています。そんなところは,事前に教えてくれているのです。


注意2 大きな声を出さない。 
 ハチも大きな声には,驚いて反応します。反対に静かにしていると,すぐそばを通っても刺されなかったり追いかけられなかったりするという経験をします。


注意3 黒い服は避ける。 
 ハチは黒い服を着ていると,襲ってくることが多いのです。ですからテレビなどでスズメバチを駆除する業者の方は白い服をまとっているのを見ると思います。夏は暑いので,白っぽい物を初めから着ていけば問題がないのです。(ミツバチは,色は関係がないようです。)


注意4 近づいたりつついたりしない。 
 ハチも危害を加えられなければ,襲ってくることはあまりありません。巣の近くに行くと守ろうとするのです。近寄らないことです。つついたり叩いたりしたら大変なことになってしまいます。


注意5 襲われたら体を低くして,ハチから見にくくしたり遠くに逃げます。
 もし追いかけられるという状況になったら巣から遠くに逃げることです。でも,姿勢を高くしていたり黒い服装で逃げたりすると,すぐに見つかってしまいます。状態をなるべく低くしてハチの視野から外れるようにして逃げます。


注意6 匂いの強いものをプンプンさせない。 
 ハチは,香水等の化粧品,ヘアスプレーやヘアトニック,体臭等に対して敏感に反応します。特に,ミツバチは巣からの距離に関係なく,いろいろな化粧品の匂いに興奮をすることがあります。


注意7 ジュースを飲むときは,ハチに注意する。
 ジュース(飲料水)の残りの液をえさにしているスズメバチをいろんなところで見ることがあります。その味を知っているハチが近づいてくるのです。ジュースを飲んでいるときにカンを少し放置したり,よそ見をしているすきに近寄って来て,缶の中にもぐり込むことがあります。知らずに飲んだときに,口や唇を刺されることが起きています。

 山でのハチに気をつける方法を紹介しました。ハチも生き物です。(危害を加えようとしているな。)とハチに誤解されなければ,大丈夫です。十分に配慮しましょう。
 ハチに刺されたことによって起こるアナフィラキシーショックで,亡くなる方もあります。万が一のために,ポイズンリムーバー(毒を吸い取る簡単な道具)を持っていることも大切です。私はいつも持っていますが,使ったことはありません。
「ハチがいるならハイキングなんか止めよう。」
などと消極的にならずに,我が子とどんどん自然の中に出て行きましょう。気をつけることを知っていれば防ぐことができるのですから,これを機会に我が子にしっかりと教えてください。我が子の冒険心・向上心を体験でどんどん引き出しましょう。

184. 自由研究の仕方は,どうしたらよいの!

2019.07.26 20:00|夏休みの教育
自由研究の仕方は,どのようにどうしたらよいのでしょうか!
kenkyu_woman_naayamu.png
 夏休みの自由研究は,次のようにやってみてください。書く形式のパターンや決まりがあるからです。
 次のように1~8の項目に分けて書いていきます。(項目分けに関しては,いろいろな方法があります。一番一般的な書き方を紹介します。)

1.研究テーマ(題名)
「この研究面白そう。」
「何が書いてあるのかしら。}
と,興味をもってもらったり題名を見てどんな研究をしたのかが分かったりすることが大切です。
「これ,読んでみたいわ。」
と思ってもらえるような工夫をテーマでしてみましょう。 
 例えば,「蜘蛛の糸調べ」でなく,「蜘蛛の糸の不思議」の方が(何かなあ?)と興味がわいてきます。このようにひと目で研究内容がわかるものがよいのです。サブタイトルを設けて,補足説明をすることもあります。
 研究始めに,少しもテーマのよい言葉が思い浮かばない場合は,後で考えるということことでも結構です。


2..研究のきっかけ(動機) 
「なぜ,この研究をしようと思ったのか。」ということが,自由研究ではとても大切なのです。大切なことは,疑問をもつことなのです。
(どうなっているのだろう。)
(このことを知りたいなあ。)
と,好奇心をもつことです。そして,それを調べることが自由研究なのです。蜘蛛を例にすると,
「どうして蜘蛛は,糸を出せるのだろう。」
「どうして蜘蛛の巣の形は,こんな形なのだろう。」
「虫を蜘蛛の巣に引っかけて,どうやって食べるのだろう。」
などときっかけとなることを書くのです。
「家の前に,巣がたまたまあって見たから調べたくなった。」
「本で蜘蛛の不思議を読んで,自分で確かめてみたくなった。」
「学校の授業で勉強したときに,ここをもっと調べたいと思った。」
と,まだまだ,いろいろあると思います。
 複数の動機を書くと,説得力が高まってきます。あまり長くならないように,研究のきっかけを書いていきます。


3.研究の内容と方法 

 テーマを決めたら具体的に研究の内容や方法を考えます。
(1)研究内容を考える。 
 どんなことを知りたいのかを書きます。
 例えば,「蜘蛛の糸の不思議」がテーマだったら,研究内容を2~5くらいに絞ります。(数の制限はありません。)
ex.
研究内容1 蜘蛛の巣は,蜘蛛の種類によって形は違うのだろうか。
研究内容2 形は虫を捕まえるのに,便利なのだろうか。
研究内容3 捕まえた虫をどうやって食べるのだろうか。
研究内容4 食べ終わった虫はどうするのか。
 このように,調べてみたいことを書きます。

(2)実験や観察の方法を考える。
 研究内容を決めたら,知りたいことをどんな方法で明らかにするのかを具体的に観察や実験の方法で考えます。
◇研究内容について,今知っていることは,どの程度,知っているか等のメモを作ります。
◇実験なら必要な道具や器具は何がいるのかを書き出します。
◇観察なら観察条件などを具体的に書きます。
◇1日のいつの時間にどのくらい行うのかを考えます。
◇友達と共同研究をするならば,スケジュールを早速作ります。
 研究の実験や観察は,独りよがりで自分しかできないというものではいけません。誰もが同じように取り組むと同じことができるということが大切です。だからこそ,この研究を読んだ人が
「ああ,そうすればよいのか!」
「わたしもやってみよう!」
と,思えるものであることが必要です。

(3)結果の予想をします。 
 取り組む前には,「自分なりの結果の予想」をし,どうして,そう考えたのかを書いておきます。
(・・・のように,・・・となると思う。)
(・・・だと思うから,結果は・・・・に違いないと思う。)
(本の中では,・・・というわけで,・・・と言っていたが,ぼくは・・・と思う。)
 このように,わけや根拠をもとに,自分の予想を書いておくのです。
ex.
研究内容1 蜘蛛の巣は,蜘蛛の種類によって形は違うのだろうか。
予想 同じように見ていたけれど,蜘蛛の種類が違うのだから形もきっと違うと思う。 

研究内容2 形は虫を捕まえるのに,便利なのだろうか。
予想 人間も使う物を工夫して変えているから形は大切だと思う。でも,蜘蛛だから親がすると同じようにやっているだけだと思う。

研究内容3 捕まえた虫をどうやって食べるのだろうか。
予想 虫の体はカルシウムだと思うから,全部いただいてしまうと思う。
 
研究内容4 食べ終わった虫はどうするのか。
予想 全部食べてしまうから,後は巣の修理だけだと思う。

(4)実験・観察をする。 
 さあ,いよいよ「実験・観察」の開始です。
実験・観察ですから詳しくメモをします。予め実験・観察をするのに必要と思われることを表にして,記入しやすくしておきます。そこに,開始の日時,道具,方法(変化や数量)等を詳しくメモするのです。 
観察をするにあたっては,なるべく長い期間にわたって行ってください。なぜなら,短い期間だと,
「本当にそうなるの?」
と疑われがちです。でも,期間が長いと
「こんなに調べたのだから,間違いがないわね。」
と納得してもらえるものになります。
 観察や実験は,同じ観察や実験でも何回か繰り返します。実験も観察も同じで,確からしさが必要なのです。
5回の結果と10回の結果では10回の方が信用できます。
10回の結果と20回の結果では20回の方が信用できます。
20回の結果と30回の結果では30回の方が信用できます。
 できるだけ多く行ってください。失敗は恐れることはありません。失敗や改善の工夫を繰り返して行ってください。また,いろいろ違った条件や状況での繰り返しが大切です。可能な範囲で多くのデータを集めることが必要なのです。
 研究の一連の取り組みをクリアファイルなどにまとめます。「まとめのファイル」の他に,「観察記録」とか「実験データ」のファイルがあると誰もが信用してくれますし,感動もしてくれます。つまり,最後には「蜘蛛巣の不思議」というファイル1冊と,「蜘蛛の巣の観察記録」とか「蜘蛛の巣実験データ」といったファイル1冊の合計2冊になります。



4.研究の結果 
 これがとても重要です。この研究を通じてどんなことが新たに見つかったのか,分ったのかの研究の結果を書きます。ここでは客観的な結果だけを書きます。考えたり思ったり感じたりしたことは書きません。 
 わかりやすくするためには,わかりやすい表現をするとともに,グラフや写真,図などを入れるととてもわかりやすくなり,納得がいきます。読者が飽きないように色を工夫したり,円グラフ・柱状グラフ・棒グラフなどグラフの特性を生かしたりすることも大切です。
 結果を書くことは第一に大事なことですか,読者が分ってこその研究です。小学校高学年くらいからは,「研究の結果」と「考えたこと(考察)」を分けて書くと,いっそう研究らしくなってきます。「考えたこと(考察)」は,次の「5,考えたこと(考察)」で書きます。
 例えば,「蜘蛛は放射状に巣を作っている。」は結果です。また,「蜘蛛の巣は,多くの糸を放射状に張っていて,バランスのよい形を整えている。」も結果です。そこから「蜘蛛の巣は,多くの角度から糸を張っているので,風が吹いたときにトランポリンのようにバランスよく形を整え続けることができている。」というのは「考えたこと(考察)」になります。


5.考えたこと(考察)
 結果から考えたり,わかったりしたことを整理して説明します。
「予想」で書いたことと比較してみて,予想通りだったのか,あるいは予想と違ったのかを書きます。そして,予想となぜ違ったのかも考察するのです。これが,研究の面白さです。


6.まとめ 
 研究を振り返って感想をまとめます。もっと調べたくなったことなども書いておくのです。
「蜘蛛の巣を見つけるのは,簡単そうでなかなか難しかった。」
「蜘蛛って気持ち悪いと思っていたけれど,ジョロウグモのように鮮やかな色で餌をやると飛びついてくるのを見るととても楽しかった。」
などは感想です。
 また,研究を終えて今後は,どうしていきたいかも書けると最高です。
「蜘蛛のように待っていて虫を捕らえるものには,他に何があるかもっと調べてみたい。」
「蜘蛛は益虫にも害虫にもなるけれど,益虫について今度は調べて,その虫を大切にしたい。」
 また,「まとめ」で「工夫した点・失敗した話・反省した点」等を書いて研究を閉じるのも面白いものです。お話を聞いた方から言われた言葉であきらめかけていたことを続けるようになったとか,こんな失敗をしたことで,ヒントが見つかったとか,研究の様子が想像できて終わるような書き方も工夫の一つです。
 このように,この研究が自分にとってとてもためになった研究であることをしっかりと書きます。


7.参考にした本やWEBサイト 
 本やWEBサイトで情報を集めることで,研究はより深まります。何も参考にせずに自由研究をすることはほとんどありませんね。
 参考文献がある場合は,最後に【参考文献】として,本ならば,本の著者・タイトル・発行年・出版社を研究のおわりに書いておきます。WEBサイトならば,タイトルとURLを書いておきます。
 本やWEBサイトでの情報は,書いてくれている方がいますから,その本やWEBサイトはきちんと紹介するのが参考にさせてもらった者の礼儀だと思います。


8.お世話になった方や施設 
 いろいろな施設の見学に行ったり,どなたかの話を聞きに行ったりした場合には,お世話になった方や場所も書くのが礼儀です。【お世話になった方や施設】として書いておきます。

「自由研究の仕方は,どのようにどうしたらよいの!」ということで,紹介をしてきました。1年生,2年生は,親がつきっきりで対応しないとなかなか難しいものです。でも,方法を理解すると,繰り返し行うようなことは自分でできるようになります。
 また,1度,こうした研究の仕方でファイルにまとめる経験をすると,次の年は今年のファイルを参考にして親子で取り組むことができます。その次の年は,ある程度,我が子がリードできるようになります。その次は,少し助言をするだけで進められるようになります。次は自分一人で取り組む子になります。

 こうして,我が子の本来もっている能力を引き出すことができるのです。また,ともに取り組みことで,褒めることがいっぱい見つかります。

183. 川遊びでは,何に気をつけたらよいの!

2019.07.25 20:00|夏休みの教育
川遊びは楽しいものですが,何に気をつけたらよいのでしょうか!
kids_kawa_asobi.png
 暑くなると「海か山に行こう!」などと話題になります。山に行くと,川遊びで楽しもうということになって来ます。でも,川は海よりも危険が多いのです。海ももちろん,危険ですが,今回は川の危険について考えてみましょう。
 川はどんな危険が待っているのでしょうか?

1.川は滑りやすいので,転んで頭を打ったりします。 
 川の石には,水苔とかカワノリとか言われるヌルヌルとした滑る植物が生えています。10cmや20cmの水の深さは,そんなに危険ではありません。でも,このぬめりが危険なのです。普通に歩いて行くだけでも子ども達は転んでしまいます。釣り人の靴底の滑り止めがある靴を履いていても滑ります。ただ滑るだけならよいのですが,後ろに転倒すれば,頭の後頭部を打って失神したり,尾てい骨を打って動けなくなったりしてとても危険なのです。
 だから,歩くときは慎重に歩き,深場に行かないことです。

2.川には,急な流れがあります。 
 毎年,鮎釣りをしていて流されて死亡する人が全国で多くいます。そんなに深いところにいるわけではないのですが,いったん転ぶと川の流れは思っているより速いので流されてしまいます。流されていくとき,立ち泳ぎができる人はあまりいません。もがけばもがくほど沈んでいきます。
 また,転んだときに頭を打ったり骨を折ったりすると,そこでもう,流されるしかないのです。
 だから,過信して深場や流れの速い場所には決して行かないことです。

3.川の水の温度は冷たいのです。
 海のように一定の温度(本当は海でも違いがありますが,川ほどの差はないということです。)ではなく,川は深くなれば急に冷たくなったりします。また,渓流の水は元々とても冷たいのです。だから心臓麻痺を起こしてしまうのです。よく「この川を横断してやる。」といって泳ぎ始め,川の中程で死んでしまう人がいます。心臓麻痺やけいれんです。
 だから,川に入っている時間は普通のプールのように長く入っていてはいけません。また,深場に入っていってもいけません。

4.川は,逆戻りができない流れがあります。 
 川は高いところから低い方に水が流れます。淵といって川が大きな岩にぶつかる深い場所があります。そんなところは川の水が川底の方に縦に渦を巻いているので1度流されたら出てくることはありません。沈んだままです。泳ごうとしても流れの勢いに逆らうことはできません。
 だから,防ぎようがないので近づかないことだけです。

5.サンショウウオに注意がいります。
 渓流には,天然記念物のサンショウウオがいます。川底の岩や石と同じような色をしています。大きな者は60cmくらいなものがいます。肉食です。子どもの白い可愛い手が目の前に来ると,魚と間違えて食べてしまいます。手がなくなってしまいます。私がかつて赴任した中学校の近くの川でサンショウウオがいたということで,大人達が「子どもが夏休みで犠牲になってはいけない」と大捜索をしたことがありました。でも,本当は多くいるのです。
 そこで,サンショウウオがいるような岩場のところでなく,トロ場といって水の流れの緩やかなところで遊ぶとよいのです。

6.増水した川では細心の注意をします。 
 川は雨によって,増水をします。昨日降った雨で笹濁りといって,透明ではなく川底が見にくくなっていたりします。(浅いだろう。)と思って足を入れると,とても深くて流されてしまうことがあります。
 そこで,増水をしているときは明らかに川底が見え,しかも親が確かめてついていることが大切です。

7.にわか雨には注意します。 
 渓流の恐ろしさは,今いるところで雨が降っていなくても上流で雨が降ると急に増水をし,信じられない水が流れてきて流されるということです。
 そこで,今日の天気をしっかりと調べておくことと,上流の雲の動きを絶えず意識しておくことも重要です。

8.川の下流に滝がないかを確認します。 
 川の下流に滝があると,流された場合とても危険です。命をなくすことが多いのです。テレビの番組では,滝に飛び込めば助かるような場面がありますが,現実はそんなに甘くありません。

 川の危険についていろいろ考えてきましたが,川は実はとても楽しい所なのです。いずれの注意事項も必ず親が確認し,親がついていなければなりません。大人でも水死する人がいるのですから,子どもだけならいつ悲しい状況になっても不思議ではありません。
 上記の注意事項を守れって,安全に楽しく過ごしましょう。親子の「情の共有」が図れる絶好のチャンスです。

182. 熱中症の対策は万全に!

2019.07.24 20:00|夏休みの教育
熱中症をよく理解し,対策は万全にしましょう!
necchusyou_shitsunai.png
1.熱中症とは,どんな症状なの?
 夏休みに入る前,夏休み中,9月の入ってからと熱中症が起きやすい季節になります。
一般に熱中症は暑い環境のもとで,スポーツをしたり仕事をしたりしているときに起こることだと思っています。でも,本当は普通の生活をしているときにも起こるのです。

 症状は,

◇体がだるくなってきて思うように動かない,(あれ,おかしいぞ。)となります。
◇頭痛がして,(いつもの頭痛かしら。)等と勘違いしてしまうこともあります。
◇めまいがして,(立ちくらみかしら。鉄分が不足なのかしら?)等と勘違いをすることもあります。でも,なかなか治まりません。
◇筋肉がけいれんしたり動悸がしたりしたらさすがに,(これはまずいことになっている。)とわかります。

 つまり,普段の自分ではない症状が出たら危険なのです。だからこそ,我が子は周りの大人が注意して見ていることが必要です。
 熱中症で亡くなる場合もありますが,初期対応を適切に行えば,ほとんどは治まるということです。



2.熱中症は,どのような条件で起こりやすいの?

 「熱中症」は,スポーツ中とか暑い日差しの元での作業中に起こるよりも普段の生活の中で起こる方が多いというデーターが出ています。

条件① 熱い日差しの元での活動中 
 自転車に乗っての遊び,海での遊び,乗り物などを待っているとき,草取りや農作業の時など暑い日差しの元で起きます。

条件② 家の中での作業やじっとしているとき
 家の中で掃除などの家事をしているとき,テレビなどをじっと見ているときなどに起きます。

条件③ 運動をしているとき
 スポーツを楽しんでいるときに起きます。

条件④ 家の中でも風通しの悪い場所にいるとき
 家の中でも風通しの悪い場所,熱がこもりやすい場所は避けなければなりません。
トイレやお風呂,締め切った部屋などです。締め切った台所で火を使って料理をする場合は特に気をつけなければなりません。




3.我が子には,どのような点を注意させたら良いの?

【子どもの熱中症を防ぐポイント】
(1)我が子の様子をよく観察する。
 汗を異様にかいているとか顔が赤くなっていたりしたら,体温が高くなっていることが考えられるので,涼しい場所を確保します。冷房を入れるとか強くするなどします。

(2)水分補給に心がけさせる。
 水分補給をすると,どうして熱中症に良いのかを予め教えておき,水等をあまり飲みたくなくても,こまめに飲むようにさせます。

(3)日頃から暑さに対応できる体にさせる。
 外で遊ぶことで暑さに慣れる体作りができます。とても暑いときには,日陰に入るなど適応能力を身につけさせるのです。たまにではなく,毎日,慣らしていくことが大切です。

(4)服装は薄手で涼しくさせる。
 色によって暑さがとても違ってきます。素材によってもクール感が断然違います。そんな服を与え,汗をかいたときにはボタンやファスナーで調節するなど体調管理の仕方も身につけさせます。

(5)車の中は危険なので,子どもだけではいさせない。
 大人の目が行き届くところで,管理できるようにします。子どもは
「車の中で待っていなさい。」
と言われれば,暑くてもじっと待っているものです。

(6)適温の冷房に心がけさせる。 
 冷房の部屋にいて体が冷えている状態から暑い外に出ると,気分が悪くなったりめまいを感じたり息苦しくなったりすることが考えられます。そんなことになっては大変なので,冷房の適温を教え,それを守らせます。

(7)熱を使った料理を子どもだけで作らせない。 
 親が仕事に行く場合は,電子レンジで「チン」と温めるくらいにさせたいものです。締め切った台所で,我が子に火を使って料理をさせることは避けなければなりません。部屋が高温になる可能性が出てきます。また,火災も心配です。

(8)熱中症の症状が出たら自分で,対処させる。
 夏休みなどは,親が働きに行っているときに子どもだけが家庭にいることが多いはずです。だからこそ,「セルフディフェンス(自分の身は自分で守る)能力」を身につけさせなければなりません。具体的に言えば,次のことを行えるようにするのです。
①部屋の中ならば,冷房をつける。(強くする。)
 これは,温度調整です。

②ポカリスエット,アクエリアスなどのドリンクを冷蔵庫から取り出して自分で飲む。
 私の経験から言うと,よく渓流釣りに行ったときに熱中症の症状が出ます。特に,暑いわけではないし,涼しい格好をしているし,高地なのになるのです。そんなときにポカリスエット等を飲むと,すっと症状が治まります。必需品です。家庭に必ず置いておきましょう。また,私が校長で在職中は熱中症の出やすい時期には水筒にポカリスエットなどを入れて持ってくることを特別に許可していました。勿論,保健室には常備です。

③学校のプール・遊びなどへ行くときは,必ず複数で行く。
 自分も含め誰かにその症状が出たら,日陰に入ることと身近な大人に助けを求めることができるからです。

④緊急時に親や消防署に連絡する。 
 あってはならないことですが,子どもだけの対応で治まらないときは,どこに連絡をするか,電話番号をはっきり示しておきます。



 熱中症はなったことのある者でないと,その症状は「今,この状態はまずい。」とわからないものです。ならないことに越したことはないので,よく症状を理解し,対策は万全にしておきましょう!
 ただし,我が子も含め子どもは恐怖心を与えると,そういった状態になりやすいものです。ですから,症状と対処の仕方をしっかりと理解させ,
「これを守っていれば,大丈夫。」
と力強く言い切ることも我が子の潜在意識に大きく刻まれていき,実際の行動となります。

181. 生き物の世話を夏休みにこそ!

2019.07.23 20:00|夏休みの教育
生き物の世話をするには,夏休みこそ絶好の季節です!
gardening_biotope.png
(生き物の世話をするなんて,どうせ我が子には長続きはしないし,後で親が面倒をみるのは面倒くさいからどうでもよいわ。)などと思われてはいませんか?
◇我が子は心優しい子に育っていますか? 
◇根気のある子に育っていますか? 
◇責任感のある子に育っていますか?
◇(おやっ。)と不思議なことに気づく子になっていますか?
 こんなことをカバーできる力や心を育てることが生き物の世話でできるのです。
生き物の世話をするということには,次のメリットがあるのです。

1.我が子を心優しい子に育てる。 
 生き物,特に昆虫や魚などの動物は,ちょっと世話をしないとすぐ死んでしまいます。
「しまった。餌をやるのを忘れていた。」
「暑いところに置いて置き過ぎた。」
等と後悔をしても死んだものは帰ってきません。逆に,一生懸命世話をすると長く生きるものです。死なせてしまった生き物には申し訳ないのですが,世話をし始めた子にとっては貴重な体験になります。
 世話をしていると情が移っていきます。その情が移った生き物が死ぬことは耐えがたい経験になります。ここで,命の尊さや優しさを学ぶのです。 
pet_robot_woman.png
 ペットとして飼っている犬の世話でも同じです。ぞんざいに扱えば刃向かってきますが,かわいがれば人間の心が分った対応をしてくれます。私が子どもの頃もチーという名の犬がいましたが,「○○○(妹)を連れてこい。」
等と命令をすると,ちゃんと連れてきたのには今でも不思議でなりません。この犬が亡くなったときは,命のはかなさと死骸の硬直した状態は今でも忘れられません。

 
2.根気のある子に育ちます。 
 世話をすることは,最初の3日間くらいは楽しいものです。でも,昔から三日坊主と言われるように段々と世話が嫌になってきます。
kingyobachi.png
 金魚を飼っているとき,水替えに青臭い匂いなどがしてくるとどうでも良くなってきます。でも,それを乗り越えて世話をし,金魚が大きくなるとやりがいを感じるようになります。
 カブトムシを飼っていると,独特の匂いで,
「このカブトムシの匂い,なんとかならないの。」などと言われると,
(こんなはずではなかった。)
などと後悔をします。でも,
(みんなに自慢したいしな。)
などと飼い続け,カブトムシがいっそう元気になってくると嬉しくなります。でも,秋になると死んでしまいます。悲しいお別れです。
 そんな世話をする中で,続けて世話を行うことが楽しいことだと分りました。 


3.責任感のある子に育ちます。
 世話をすることは大変で,どこかに行くときには友達に預かってもらうことをしました。
「あのう,今度カブトムシを2日預かってくれない。世話の仕方は・・・・・何んだけれど。」
これもなかなか言いづらいものですが,言って頼みました。死なせないためです。こうした行動が,責任感となってくるのです。勿論,世話を家族の誰にも手伝ってもらわないのも責任を果たすことです。


4.(おやっ。)と不思議なことに気づく子になってきます。 
 本で読んだり周りの人に聞いたりPCで検索したりすることで,いろいろな知識を子ども達は得ています。でも,実際に取り組んで得たこと以上のものはありません。
 例えば,昨年はカブトムシを飼って死なせてしまった。では,今年はオオクワガタを飼おうと,世話をしたら何と越年ができ,オオクワガタは1年で死なないんだということが分ります。
 グッピーはブクブクと電気で空気を出さなくても,水草を入れておけば水草が酸素を出して生きつつけるということが分ります。驚きです。
 キュウリやヘチマを育てていると,雄花と雌花とがあるとことを知ります。人工授粉をするということも驚きですし,ミツバチたちが受粉をしていることを知るのもびっくりです。
 ミニトマトを育てていると,水をやりすぎるときと枯れない程度にやるときとでは,甘さが違うこともわかってきます。
 実際に自分が取り組むことは,驚きと後悔の繰り返しで,いろいろなことに興味・関心をもつ目につながります。
 生き物の世話をすることは,学校に通学している期間ではなかなか時間が作れません。夏休みにはそれができるのです。絶好のチャンスです。世話をすることから思わぬ発見があり,自由研究に発展するかもしれません。

 我が子も含め,子ども達は元々優しい心,根気,責任感,興味・関心をもった子なのです。それを引き出す機会を与えてあげれば,どんどんその姿を現してくれます。ぜひ,意義のある夏休みにしていきましょう。 

180. リレーションができていますか?

2019.07.22 20:00|具体的な家庭教育例
我が子とのリレーション(つながり)ができていますか?
1.カウンセリングマインドとは,どうすることですか? 
thumbnail_family_big.jpg
 我が子と心をつなぐには,カウンセリングマインドでの対応につきます。
このカウンセリングマインドの基本は,
「あなたの話が聞きたい。」,
「あなたの気持ちがわかりたい。」
ということです。
 親は,我が子の話をじっくりと聞いてあげることが必要です。我が子は,自分の話したいことを上手に言えなかったりするかもしれません。また,時間をかけてしか言えないかもしれません。そんなとき,ついつい,
「もっと早く言いなさい。」と言ったり,
「こんなことが言いたいんじゃないの!?」
等と先回りしてしまいがちですが,そんなときこそ,この「カウンセリングマインド」という言葉を思い出してじっくりと聞いてあげてください。


2.我が子の気持ちが分るには,どんなことに心がけたらよいのですか? 
問題行動を起こす子は,
「お母さんやお父さんは,ぼく(私)の気持ちを分ってくれない。」

と言います。
「子どもの気持ちをわかる」には,どんなことに心がけたらよいのでしょうか。
我が子が,興味・関心をもっていることを把握し,どれだけそのことに共有の理解を示すことができるかです。(あるいは,聞いてすごさを認めてあげられるかです)

やってしまったことに対して真摯に訳を聞いてやり,そのやってしまったことに対してやったことがどういう意味をもち,どういう結果になるかを具体的に,どれだけ話してあげられるかです。

日ごろどれだけ,家族で家族一人一人のよさを認め合っているかです。特に,親は,「どの点に目を付けたらよいか」の視点を家族に与えているかです。
 我が子の「よさ見つけ」を積極的に行ってみえるでしょうか。もし,(形式的に褒めているなあ。)ということであれば,改めて,その取組の価値を考えてみたいものです。
 一つでも,一日でも多くとりあげたいという熱意が,「ぼく(私)の気持ちを分かってくれる親」につながると思います。


3.リレーションの必要なわけは,何ですか?
 親子関係がうまくいくには,親と子とのリレーションのよい状態が必要です。
「親が自分の気持ちを分かってくれない。」というのは,リレーションがないということです。リレーションがないとなぜ悪いか,反対の考え方をすると,どうしてリレーションが必要なのかを考えてみましょう。

(1)親と子のリレーションができ,情が通じるとその親がいる家が好きになります。
家という建物だけでなく,そこで生活する人や物も好きになります。その意味からも親と子どものリレーションが不可欠です。

(2)人と心が触れ合っているという状態が,生きる力の源泉になります。つまり
「いつでも話し相手になるよ。」,
「いつでも電話してもいいよ。」
という人が人生に一人でもいるということが生きる力の源泉になります。それほど人間は人とのつながりをもちたいものです。
 両親不和の家庭で育った子で,平凡な子とそうでない子との差は,自分の家または近隣に,祖父母がいっしょにいるかいないかということで,そういうことが,割合両親の不和であっても心の傷として残ることが少ないことになります。


4,どうしたらリレーションができるようになるのですか?
①温かい言葉がけが,1日の活動の原動力になる。
・おはようございます。○○さん!
・○○さん! 今日も~を頑張ろうね。
・昨日,~をしてくれたことうれしかったよ。
・今日のあのこと,とてもうれしかったよ。

②自分のことを気にかけてくれる。
・つまらないことでも,話題にして話すことができるようにもっていってくれる親。
・宿題などの学習中に,自分のことを気にかけてくれ,援助してくれる親。
・顔色を常に気にかけ,言葉がけしてくれる親。

③気力を吹き込んでくれる。(ピグマリオン効果)
・「このことは,あなたなら必ずできる」と言い切って信じてくれる。
・絶えず私のよいことを見つけ,伸びを必ず意識させてくれる。
・友だちのよいところ,クラスのよいところを常に聞いてくれるなどして友達の大切さを意識させてくれる。
・兄弟姉妹や祖父母など家族を通して,自分の良さを親が言っていることが伝わってくる。(トライアングル効果)

④過ちを人間としてではなく,行為として叱かったり諭したりしてくれる。
・「あなたは,こうしたよいところがあるのに,どうしてこんなことをすることになったのかな?!」
・「こういうことをするあなたは,みんな(親・友だち・先生・担任)の信頼を失うよ。がっかりしたよ。」
・「よさをうんと出して,楽しい生活に自分でしていこう。先ずは,~から始めようか。」

 我が子とのリレーションができているかについて考えてきました。何となくつながっているではなく,リレーションができるように温かくも厳しい親の姿を示さなければなりません。その真剣さに我が子は応え,グングン伸びてくれることでしょう。
プロフィール


名前 : 英ちゃん(柘植 英次)
趣味 : 読書・魚釣り
教育関係履歴:岐阜県の教員
教頭・可児市主任指導主事・校長を経験

家庭教育法について情報発信中

カテゴリー

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

カウンター

最近のコメント

ブログランキング

リンク先にも、参考になるブログがありますので、お時間あればクリック願います。問題解決、こども達の笑顔に繋がります。

リンク

教育関連サイトの相互リンク募集中。お気軽にメール又は、コメントに依頼ください。


メール

個人的な相談はこちらへどうぞ。許可なく内容を公開することはないので、安心下さい。


名前:
メール:
件名:
本文:

ブックマーク

月別アーカイブ

検索

  • ページトップへ
  • ホームへ